ポータブルHDD1.5TBタイの洪水で市場に出回らず

ポータブルHDDハードディスクを購入しに行ったら、どうやら1TBのものが上限で、1.5TBはタイの洪水被害で生産が遅れて市場に間に合っていないとの量販店の説明がありました。タイの洪水被害が製造業でも大きなダメージになったことは、このようなPC周辺機器にも派生しているのだと痛感しました。

東日本地震があり災害の多い2011年ではありました。このような予期せぬ自体と消費者の行動は呼応して、爆発的に需要が伸びるものと同時に意識の向かなくなってしまった商品もたくさんあることでしょう。実際に生きていくために必要な水や生活用品が先ずはなくなっていったことが物語っています。

パソコンと言う概念がiPadなどの登場により今までとは違ったものになり、ITの生活も当たり前になって、周辺機器もよりモバイルに近いものが主流となりつつあります。結局のところパソコンは日常に必要なものではなく、情報が欲しいこととやり取りできる端末があればそれで言い訳です。

ポータブルHDにしても電源が必要ないのが最大のメリット。どこでも電源が必要な通常の3.5インチのハードディスクでは取り扱いがもはや不便になってきている。ポータブルであると当時に電源が確保できるような周辺機器がますます普及するでしょうし、美容グッズなどもモバイルのものが新たな市場を買いたくなる需要を開拓していて、2012年もこの持ち運べるという商品の必要性は高まる一方になります。

ガラステーブルでも動くPCマウス

技術の進歩というのは恐ろしいもので、PCマウスもかなり便利になってきた。

普通では使うことができなかったガラスの台の上でもマウスを
使えるものが登場してきている。なかなかこれだけのことが
本当に必要なのかという疑問もあるが、これでBluetooth3.0以上の
マウスは快適に外出先でどんな台の上でもマウスパッドなしで使えるだろう。

BSMBB08シリーズというiBUFFALOのマウスを買ってみたが、
マウスパッドの上よりもたつくものの、商品ページにあるように、
本当にガラスの上でもブルー光学式マウスは使うことができるんだなと。

これならデコメ絵文字の進化ももっとスマホとかでも使えるかもです。